半導体

日本語 |  English |  (簡体)中文

パナソニック半導体・ホーム半導体 > 製品 > イメージセンサ > 産業・センシング用イメージセンサ

産業・センシング用イメージセンサ

概要

高感度・低ノイズ・高赤外光感度のパナソニックイメージセンサ

産業用途及びセンシング用のイメージセンサを、豊富なラインアップで取り揃えております。 業界の最先端の高感度・低ノイズ・高赤外光感度特性により、産業用カメラへの応用や、センシング分野への応用に最適です。

ページトップへ

特長

  • 赤外域高感度センサをラインアップ
  • 画素数はQ-HD/1.3M/Full-HD
  • 高感度/低ノイズを実現

外観見本

外観見本

ページトップへ

撮像特性

さまざまな撮影シーン、過酷な光環境でも確実に撮れる!

パナソニックの産業・センシング用CCDイメージセンサは、従来と比較して耐スミア性やS/N特性が向上しています。局所的に強い光が当たってもスミアがほとんど発生せず、暗い室内のシーンでも色合いや物体の輪郭をはっきりと認識することができます。したがって、様々な撮影条件下で使用される産業・センシング用途にも最適です。


従来 産業・センシング用CCD

パナソニック 産業・センシング用CCD

スミア特性の比較

強い光に対しても耐スミア特性に優れます


従来 産業・センシング用CCD

パナソニック 産業・センシング用CCD

低照度撮影時の比較

低照度時でもS/N特性を向上しました (撮影照度: 0.2ルックス)

ページトップへ

赤外センシング技術

近赤外域センサテクノロジー

可視光域だけでなく、近赤外域の感度向上で応用範囲が広がります

パナソニックのイメージセンサは、可視光だけでなく、近赤外域波長の光への感度向上も図っています。例えば、下図のように近赤外光 (λ = 850nm) では通常光では見えない血管の検知などが可能です。赤外光感度向上により、様々な状況下のセンシング用途にも応用できます。

通常光

近赤外光 (850nm)

近赤外域センサテクノロジー

ページトップへ

本品種に関するお問い合わせ

技術関係のお問い合わせ

営業関係のお問い合わせ

ご購入を検討されているお客様は、お問い合わせフォームをご利用ください。
(RoHS対応・サンプル要求・価格お見積もり・ご注文・納期確認・納入仕様書、など)

ご購入された商品に関しては、販売会社営業担当が窓口となり、個別にご相談を承ります。
(継続供給、生産終了に伴う最終注文、カスタム品情報、品質/環境対応、など)


ページトップへ

製品一覧

product number search
Loading...
*1 RoHS対応:EU RoHS(2011/65/EU)の禁止6物質全てが閾値未満の場合を「対応済」、ひとつでも閾値以上の物質がある場合を「未対応」と定義しています(適用除外用途を除く)。詳細は「EU RoHS指令適合確認報告書」を参照して下さい。"-" のものはお問合せ下さい。
*2 REACH対応:2017年1月12日に更新された ECHA候補物質リストに掲載された SVHC173物質について、"購入先からの部材情報"と"製品構成部材"の情報でSVHCがひとつでも製品重量あたり0.1wt%を越える場合を「SVHC含有」、全てが0.1wt%以下の場合を「SVHC非含有」と定義しています。

ページトップへ

ドキュメント

このページでは、製品共通のドキュメントのみ掲載しています。
製品一覧表の品番をクリックする事で、品種個別ドキュメントの掲載ページが表示されます。

タイトル 種類
1/3型 133万画素 CMOSイメージセンサカタログ pdf
1/2.86型 236万画素 CMOSイメージセンサカタログ pdf

ページトップへ

パナソニック半導体・ホーム半導体 > 製品 > イメージセンサ > 産業・センシング用イメージセンサ